そうだったのか?! スーツの意外と知らない豆知識6

こんにちは

お世話になります。

オーダースーツ縫夢です。

さて、今日もスーツの豆知識をお話しさせていただきます^^

今日は何を持って『春夏・秋冬』のスーツかを『判断』するかです。

 

最近ご要望で多いのが

=================

『通年着れるスーツが欲しい』

=================

というご要望です。

縫夢 Houmu では数多く通年の生地を取り扱っていますが、

 

そもそもなにをもって『春夏・秋冬』を私達が判断しているのかをお伝えしたいと思います。

 

それは大きく3つあります。

==============
1、目付
2、織り方
3、起毛の有無
==============

 

それぞれお話していくと、
1、目付:「目付(めつけ)」とは反物1mあたりの重さを表し、
生地の品番のシールに250g/mなど書いてある、数字のことです。
一般的に春夏は200~250g/m位、秋冬は260~320g/m位が多いです。
通年用となると大体240~270g/m位が多いです。
しかし目付けだけではなく生地の織り方によっても違ってくるので、あくまで一つの目安です。

2、織り方
まずスーツは基本ほとんどが織物ですが、その織物のなかにも『織り方』が
複数存在しており、その『織り方』をもって春夏・秋冬を判断しています。

3、起毛
起毛の有無が一番わかりやすい特徴の一つです。
秋冬の生地にが起毛多いですね。

こういった知識も是非生地選びの時に参考にされてみてください。

それじゃあ今日はこの辺で!!

Houmu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です