そうだったのか?! スーツの意外と知らない豆知識7

こんにちは

お世話になります。

オーダースーツ縫夢です。

さあ、今日もスーツの豆知識をお伝えしていきます。

今日は『タック』についてです!!

そう!

私たちもタックを入れるかどうか?

お伺いしたことがあるかもしれません!!

 

さて、
そもそも
・タックって何なの?
・どんな目的があるのか?デメリットは?
・付けた場合の見え方は?

タックとは:
パンツの前身にある生地を畳んだヒダヒダの部分になります。タックがないものをノータック、タックが1本入っている場合はワンタック(1タック)といいます。

タックがあると:動きやすくなる
ウエストや腰回りにゆとりを取り、動きやすくするためにタックが入ります。また、程よくゆとりがあることで、パンツがキツキツにならず綺麗に見せることができます。

タックがあると:デザインとして楽しめる
タックがあることで、クラシカルで上品な雰囲気になります。こちらは好みが分かれますが、テーマ性のあるスーツスタイルを検討中の方は、オシャレポイントの一つとして楽しむことができます。

デメリット:シルエットが太くなる
タックを入れることで、パンツにゆとりが出来ます。その為、スタイリッシュ(細身)な見た目は望みにくくなります。また、ローライズ(腰で穿く感覚)、股上が浅く、ウエストまでの丈が短いデザインの場合は、ダボっとしたシルエットになります。※ただ最近では、シルエットを綺麗に見せるために工夫されたタックパンツも多くなってきており、タックパンツ=ヤボったいというようなイメージは薄れてきています。

ノータックの見え方:
パンツ(スラックス)の裾幅も細くなる為、スッキリと印象が特徴です。スーツやカジュアルなジャケットスタイルにも合わせることができます。タック無しでゆとりを作り、ウエストの位置が低いデザインもあります。

ワンタックの見え方:
パンツ(スラックス)の袖幅は標準的な太さとなるのが特徴です。主に、クラシカルなスーツに用いられることが多く、シーンを選ばず上品さのあるシルエットが楽しめます。体型が変わりやすい方は、アスリート体型の方にオススメです。

ツータックの見え方:
パンツ(スラックス)の裾幅はタックが多いほど太くなります。その為、ワンタックとのゆとりの差がかなりあるので、下半身が太めの方にオススメのデザインです。ただ、最近の傾向は、ノータックが大半を占めており、ゆとりを持たせたい人はツータックではなくワンタックを選択する場合がほとんどとなります。

 

houmuのオススメは?:
他の部分を身体にフィットさせ、あえてパンツをツータック仕様にするスタイルがオススメです。

 

いかがでしょうか?

意外と気にしたことのない『タック』ですが入れるだけでガラリと印象が変わります。

次回是非試されてみてはいかがでしょうか?

 

houmu 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です