そうだったのか?! スーツの意外と知らない豆知識13

こんにちは。

お世話になります。

オーダースーツの縫夢です。

さて

今日もやってきました!!!

スーツの豆知識シリーズ!!

今日はですね!!

そう!!

『生地』についてです。

「イタリアのビエラ」
「イギリスのハダースフィールド」
「日本の尾州」が生地の世界三大産地と言われています。

今日はイタリア生地『レダ』にスポットを当てていきます。
上で言うと「イタリアのビエラ」ですね!!

スーツブランドだけでなく、
スーツ生地を知ることは自分に合ったスーツ選びを手助けしてくれます。

今回ご紹介させて頂く「レダ」は低価格から高価格のスーツで
幅広く使用されている大人気生地です。

下記の3つのポイントから『レダ』を見た上で『特徴』をお伝えします。
・産地
・品質
・値段

まずは産地ですね。
産地:
「レダ」はイタリアのウールの産地で水源が豊富な
ビエラ地方で150年続く名門の生地メーカーです。(さっきの三大産地のひとつですね!)
ビエラ地方はアルプス山脈近くに位置する良質な水がとれる地域です。

品質の良い生地を生み出すためには良質な水が必要であるため、
ビエラ地方には毛織物工場が集中しています。
有名な「Ermeneghldo Zegena エルメネジルド ゼニア」もビエラ地方のメーカーです。

そして次は品質ですね。

品質:
レダは高品質の生地を生み出すため、
自社の「ニューイングランド・ウール社」で原毛の飼育から選別し、
その後、紡績、生地の生産まで自社で一貫して管理するメーカーです。
そのため原毛の質の良さが仕上げに保たれています。原毛の質の高さは世界でもトップクラスです。

次は値段です。
値段:
レダの生地は低価格のスーツでも使用されているため、
高品質でなくリーズナブルなインポート生地と勘違いされている方もいます。
ハイテクな生産設備による生産効率の向上によりコストパフォーマンスの良さ、
高品質を実現しています。

これらを踏まえての『レダ』の特徴は下記になります。
・レダの特徴としまして「高品質」で「美しい艶感」、
・「コストパフォーマンスが良い」
・最先端の素材提供、機能性に優れた生地

ちょっと長くなりましたが、
縫夢でも数多く『レダ』の生地を取り揃えていますので
是非ご参考にしてください!!

 

それでは今日はこの辺で!

縫夢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です