そうだったのか?! スーツの意外と知らない豆知識14

みなさん

こんにちは。

オーダースーツ縫夢です。

さて、

今日も意外と知らない豆知識シリーズをお伝えしていきます!!

今回は前回に引き続き『生地』についてお話します。

そしてそのなかでも今日は『ゼニア』についてです。

世界NO1の生地としても有名ですね!!

さあ内容に入っていきますね^^

大きくは3つですね

1. ゼニアの生地は、なぜ高いのか?
2. ゼニア生地のさわり心地
3. ゼニア生地の見た目

 

まずはこちらから
1. ゼニアの生地は、なぜ高いのか?

さあそもそも『ゼニア』と言えば超高級生地で有名ですね。

店によって『20万円〜30万円』としますね。

なぜ故にそんなに高いのか?

 

それは

理由

オーストラリアの契約農場から買い付けた羊毛から、『脇と肩の高品質』の部分だけを使います。
例えるなら、 ”羊毛の大トロ”の部分だけを使って生地を織り上げます。

そこからさらに糸を厳選。羊毛の細さや長さ、色、密度、強度を
細かく検査して、自社の基準に合ったもの以外は使わないという徹底ぶり。

良い部分だけを使って、残りの部分は使わないという製造方法です。

ゼニア以外の生地メーカーももちろん品質の良い羊毛を使っていますが、
ここまでムダの多いぜいたくな糸の厳選はしていません。

ゼニアのように、徹底した原料の選び方をしていればコストもかかります。
他メーカーにくらべて生地が高くなってしまうのも当然かもしれません。

続いて、2つ目ですね!!

2. ゼニアの生地のさわり心地

こだわった羊毛から作られたゼニアの生地は、決して大げさではなく、
さわった瞬間に「この生地は高級だ」とわかるほど上質なさわり心地。

もしも仮に、小学生がゼニアの生地と他社の生地を比べたとしたら、
すぐにどっちが良いのかわかるレベルです。

それぐらい、ソフトで繊細なさわり心地です。

他の生地メーカーも、スーパー130やスーパー150などの極細の糸を使って
柔らかなさわり心地がするものもあります。

《細さ》だけではなく、
ゼニアのように《細さ》+《密度と強度》を
重視して作っていないので、生地にコシやハリが足りません。

コシやハリのない生地がスーツになると、柔らかさは感じられます
が着ているうちに生地がクタッとしたり、型崩れが起きてきます。

良いスーツを仕立てる生地に必要なのは、柔らかさだけではなく、
『適度なハリとコシ』も必要だということもぜひ憶えておいてください。

ゼニアの生地がスーツになった時に感じるのは、ウール100%なのに
まるでカシミア100%のような柔らさとしっとり感です。

さわり心地が滑らかでふわっとしていて心地が良いです。
生地には適度なハリもあります。

100年以上にわたり、ウールと向き合ってきたゼニアの生地は、
心地よい触感が特徴です。

 

続いて3つ目です。

3. ゼニア生地の見た目

ゼニアの生地でオーダーしたスーツは、一見しただけで上質な
スーツだとわかります。

スーツ表面には光の当たる角度によって、つやつやとした
光沢が浮き上がります。
羊毛の脂による光沢なのですが、羊毛の品質が良くないと
こうした美しい上質なツヤは出ません。

安価な羊毛にシルクを混ぜて無理にツヤを出そうとしている
スーツを街で見かけます。

生地表面にツヤが出ても、上品なツヤというよりもギラギラとした
やや品のないツヤになってしまいます。

ツヤはあればいいというわけではなく、上品なツヤかどうかが重要。

上品なツヤのあるスーツを着ると、相手からの印象もグッと上がります。

アメリカの心理学者アルバート・メラビアンによると、
「人の第一印象は3秒で決まる」のだそうです。

上品なツヤを持つゼニアのスーツを着れば、相手はあなたのことを
「ステータスのある人」だと一瞬で判断します。

 

以上が『ゼニア』の特徴でした!!

縫夢ではゼニアのスーツが

 

なんと!!!

 

『8万円』からオーダーできます。

なぜそんなに安いのか?というと

・メーカーからの現金で一括購入
・工場直接販売(縫夢自社工場直接販売)

だからできるのですね。

この機会に是非『ゼニア』で男の格をあげてみませんか?

それでは^^

houmu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です